大阪の京橋・鶴見区で整体/整骨院/鍼灸をお探しなら「トータルボディーケア整体院」

院長:山田 訓久(やまだ くにひさ)院長

<保有資格・経歴>

柔道整復師・鍼師・灸師・整体師・機能訓練指導員・ノルディックウォーク公認指導員

トータル ボディーケア 整体院は、大阪の鶴見区にオープンして13年目になります。以前は『鶴見みなみ整骨院』として10年ほど地域医療に貢献してまいりましたが、整骨院の特性上、急なケガのみの対応しかできないという保険の縛りの中から、もっと多くの人のカラダや悩みに寄り添いたいという想いから1年6ヶ月ほど前、一部名称変更しました。
 

 

ご挨拶

初めまして。トータルボディーケア整体院 院長の山田訓久です。
私は大阪市鶴見区で生まれ育ち、その地元で2004年に開業しました。

 

幼少期、「山田はあんまの天才や」

施術幼少の頃は3人の男兄弟の末っ子として兄たちの後について空が暗くなるまで外で遊んでいました。

3人兄弟の末っ子なので、割りと人のことを観察する洞察力があったと思います。そう、一番下は世渡り上手で割りとうまくやっていくのです。甘え上手で自由に、今から考えると要領よくやっていました。

またその頃から母の肩や腰のマッサージをして喜んでくれることを、とても嬉しく幸せにかんじていました。

中学の頃のエピソードなのですが、当時の体育の先生というのはで目が合うだけで凍りつくようなそれは恐ろしい存在でした。冬の寒い時期、体育館で授業を受けている時に、その恐ろしい先生が生徒に1人ずつ肩のマッサージをさせるのです。その時に私の順番が来て普段通りにマッサージをすると「山田はあんまの天才や」といわれ、それから何度か指名を受けることになったのです。今振り返れば笑うに笑えない出来事だったかも知れませんがそれが私が治療家そ世界に足を踏み入れる原点だったのかも知れません。元々、運動は得意な方でしたがその時の成績は5を頂いたのを覚えています。

 

トライアスロンで多くを学んだ青春時代

トライアスロン中学、高校とクラブ活動には馴染めず、結局クラブには入ることはありませんでした。

人に指図されたり、意味のないことをさせられるのが嫌いでした。なので団体行動を重んじるクラブ活動は少し苦手でした。

ただ体を動かすことは大好きだったので、高校の時の体育の成績は常に上位でした。

特にこれと言って熱心にするスポーツ種目はありませんでしたが、スポーツクラブに通い体は動かしていました。プールで泳いでいた時に同じレーンで泳いでいた人に声をかけられました。その人がトライアスリートだったのです。トライアスロンは過酷だけれど、練習さえすれば誰でもできるスポーツなんだよと。そこからトライアスロンの練習を始め少しずつ大会に参加するようになったのです。

トライアスロンの練習は私にとってとても楽しいものでした。自分の意思でできるからです。しんどいことをやるのも自分、しないのも自分。誰に命令されるでもない、自分の決めた目標のために練習をして、練習がちゃんとできた分だけ記録が良くなる。そのうち小さい頃は苦手だった団体行動も苦にならないようになっていました。仲間と一緒に何かをする、そこで刺激を受け、成長する。二十歳を過ぎてやっと団体行動の楽しさを理解することができました。トライアスロンのような個人種目でも仲間の存在が重要で、何事も決して1人ではできないということも学んだのです。

 

体を痛め辛い日々に、自分で治すことを決意。そして…

施術その時はゼネコンでサラリーマンとして勤めており仕事が終われば練習という生活でした。

しかし体を酷使したらケアをする、という基本的なことをおろそかにしていたため、私の体に異変が起こるようになりました。そう、腰痛です。短い距離では何ともないが、長い距離を走ったりすると何とも言えない腰のだる痛さが襲ってくるのでした。それが段々と歩いていても痛くなり日常生活にも支障が出だしたのです。

その時に整形外科に診察に行きました。そして、「分離症が元々あり、それが無理をすることにより炎症を引き起こしています。このままだと神経症状がさらに進んで大変なことになりますよ。」と言われたのでした。そう診断されただけで結局何もしてくれず、湿布と痛み止めを大量に持ち帰り途方に暮れたのです。あちこちの整骨院にも通いましたが自分が納得できる治療には出会えませんでした。腰椎牽引もやりましたがやると痛くてよけいに動けなくなります。マッサージはその時は気持ちいいがその時だけでした。そこで自分で治そうと、色々なことを学習しだしたのです。そして自分が実験台となって運動療法やストレッチなどを行いました。すると少しずつ改善していったのです。その時にこんな風に楽になって行くんだ、この痛みにはこのように処置したらいいんんだと答えが出だしたのです。それが段々と楽しくなり人の体を治せる仕事をやりたいなと思い、子供の頃母の肩や腰のマッサージをして喜んでもらえたこと、中学の先生にあんまの天才だと言われたこともフィードバックして、奮起して鍼灸、柔整の学校に進むことを決心し、現在に至ります。

また中年の仲間入りをし、同世代や先輩方の何とも言えない体のしんどさも実感できるようになりました…。もちろんスポーツは定期的に行っているので若い世代の人たちの悩みにも対応できます。

 

モットーは「当院に携わる方、皆様が笑顔になる」

IMG_0293013現在は妻と子ども3人(男、男、女)の5人家族です。子どもと遊ぶことが楽しくて仕方がありません。

現在の趣味はトライアスロンは休養中ですがトレラン(山や野原を走ること)やサイクリングは定期的にやっています。トライアスロンは忙しいからと言い訳して休養中ですが必ず復帰しようと考えています。

ジャンルを問わず読書が好きです。

当院の患者様にも私がロードレーサーの世界をお勧めして乗っている方達がいたり、友人や皆さんとツーリングに出かけることもあります。またトータルボディーケア整体院では春と秋に患者様と一緒にハイキングツアーを行っています。

先生トータルボディーケア整体院のモットーは

患者様はもちろんのこと、患者様のご家族が笑顔になる。当院に携わる方、皆様が笑顔になる、ことです。

そしてその名の通りトータル的にあなたの体を改善していくことです。腰痛、肩こりなどの痛みがきつくて来院した患者様がなぜその痛みに悩まされるようになったのかを様々な手段で導き出し、その方に必要な事は妥協することなく提供して施術をしてまいります。そしてただ受けるだけの施術ではなく、患者様も一緒に考えて納得してゴールを目指します。

 あなたの体を根本的に改善し、あなたが本来の笑顔を取り戻しなりたいあなたになってもらうということです。私の経験したことは今の私にとって大きな財産です。

痛くて痛くて藁にもすがりたい患者様の気持ちも痛いほどわかります。間違ったことに対して助言も指導もできます。どうかあなたを諦めないでください。私に任せてみてください。

 

 

スタッフ紹介

毛利 葉子(もうり ようこ)

IMG_0436156

≪保有資格≫
日本痩身協会 耳ツボ痩身資格

≪施術歴≫
12年

≪担当施術≫
運動指導、痩身施術、ボディ・トレ施術、ダイエットカウンセリング

 

≪自己紹介≫
初めまして、耳つぼカウンレラーの毛利葉子と申します。

大阪府寝屋川市で生まれ中学時代までそこで育ちました。小学校時代は自分の意見が言えず、体も小さく運動も苦手。夏休みなどは外に遊びに行かず家でゴロゴロしている内気な子でした。

転機は小学校6年生ぐらいです。体の成長とともに少し自分に自信が持てるようになり勇気を出して自分の意見を少し伝えるようになりました。すると周りから理解してもらえるようになり、「私」を表現してもいいんだ!という自信につながりました。中学生時代は好奇心旺盛で、新しいものが大好きで流行りのものを一番に手に入れて喜んでいました!

運動って楽しい!と初めて知ったスキーとの出会いIMG_0552

その後、女子高女子大と進学しましたが、勉強は全然した覚えがありません。(笑)中学校時代に母に連れられて始めたスキーが、運動の苦手な私でもすんなりと滑れたのがきっかけでスキーが大好きになりました。

冬になると長野の山にこもって毎日宿でアルバイトしながらスキーを滑る日々でした!大学2年でSAJ1級に合格し初心者や中高生の修学旅行生に滑り方の指導をしていました。夏も同じ宿でアルバイトをしに長野にいました。

菅平高原は避暑地として人気があり、ラグビーの選手やマラソンの選手が夏合宿に訪れる、とても賑やかなリゾート地なんですよ!今でも毎年菅平高原に行き家族5人でスキーを楽しんでいます。

 

週に一度の大切な時間

2年前に長男と始めたテニスは、結局今私だけが続けていますがなかなかハードなスポーツなんですね!ほぼ1時間走りっぱなしなのでとても良いトレーニングになっています。

残念ながらセンスはないようで球にスピードはありませんが、ボレーが決まった時の爽快感がとても気持ち良いです!肩周りもすごく動かすので終わった後体がとても軽くなっています!

トレーニングとストレス発散を兼ねて週に1回大切な時間になっています。

 

葉子耳つぼ施術

≪コメント≫
私は現在も働きながら3人の子供を育てています。働くお母さんは本当に大変なんです。家事育児を当たり前のようにこなしながら仕事もしっかりと働いて。いつも自分を後回しにしているのに、、、けれどなかなか周りの人に労ってももらえないんです。

そんな女性ならではの悩みや、不安を共感して、体はもちろん心もサポートできればといつも思っています。

身も心も楽になったと、笑顔になったお客さまの顔が何より嬉しい瞬間です。仕事や子育てを頑張る女性を応援するため全力でサポートしていきます!

日本痩身協会のダイエットカウンセラーをしています。

私自身、食事管理、運動管理を徹底しているので子供3人産んだ後も20代の頃の体重をキープしています。

体重が増えてしまって諦めている方に、耳つぼダイエットを通じて自信を取り戻し女性らしくキラキラ輝く人生を過ごしていただくための、第一歩を踏み出していただきたいです!

 

 

スタッフ紹介

堂園 裕穂(どうぞの ゆほ)

 

≪保有資格≫
鍼師・きゅう師・体質改善プログラム認定指導員鍼灸師_堂園裕穂

≪担当施術≫
美容鍼、アロマ灸、

総合整体、運動指導、痩身施術

 

≪自己紹介≫

はじめまして 堂園裕穂です。

私は高槻市で生まれ、幼い頃に隣町の枚方市に引っ越しました。現在も枚方市の実家で、両親・妹・弟と住んでいます。最近家で飼いはじめたセキセイインコの“ピー子(オス)”と触れ合うことがマイブームで、毎日癒しをもらっています。

ゆほ先生施術

 

 

キックボクシング・ランニングを休日は行っていて、運動が好きです。

岩盤浴・美味しいものを探す・プロレス観戦にハマっています。基本的に家でゆっくり過ごすというより、アウトドアです。

 幼い頃は人見知りが激しく、両親の後ろに隠れているようなおとなしい子でした。そんなこんなで、体操や水泳・空手など両親からいろいろさせてもらいましたが、周りになじめず長続きしませんでした。幼稚園がある日の朝は毎日のように泣いてギリギリまで行かないと駄々をこねていたそうで、とても大変だったと思います。(笑)

 小学校に入り、4年生の時にソフトボールを始めました。その頃から外で活発に遊ぶようになり、人見知りも少なくなりました。ソフトボールは高校3年生まで続けました。

高校2年生の冬、部活でケガをしてしまったとき母の知り合いの鍼灸師の先生と出会いました。ケガの原因や他にも根本的な身体の歪みなども診ていただき、症状は回復しました。

これをきっかけに鍼灸について興味を持ち、先生のようになりたいと思うようになり、私の進路を大きく変えることになりました。IMG_5613

それまで美容関係の進路を考えていましたが、どこか決めきれず悩んでいました。父と祖母が看護師だったため医療関係の仕事にも興味があったのです。そこで先生が、「美容でも治療でも鍼灸師は活躍できる」と背中を押してくれました。

ソフトボールを通し、先生と出会い、今の私があります。御縁に感謝し、初心を大事にしていきたいです。困っている人に寄り添い、私と関わって下さる全ての方の笑顔の理由になれるような治療家を目指し精進していきます。

京橋で整体・整骨院をお探しなら「トータルボディーケア整体院」 PAGETOP