大阪市鶴見区で整体・鍼灸をお探しなら「トータルボディーケア整体院」

体幹筋の一番弱い腹筋群を意識するコツ!

体幹筋とは書いて字のごとく幹の部分、木で言うところの幹の部分です。考えてみてください。幹が弱々しかったり、細かったりすると枝が成長するわけないですよね。幹がしっかりしているからこそ、枝も元気良く育つ。良い木の特徴です。人の体も同じで、幹の部分、すなわち体幹部がしっかりしていないと手足の動きが悪くなるのです。

体幹部は脊柱という強力な体の支持組織の他に骨の支えはありません。上部の方は肋骨や胸骨(胸の前の骨)があるので割と支持力があるのですが、下部の方のお腹周りには骨的な支持組織が他にないため、それを補う支持組織が必要です。それが筋肉なのです。いわゆる腹筋群です。

この腹筋群というのが、現代社会を生きていく上で、なかなかの曲者なのです。

内臓脂肪のの原因にも!

長時間椅子に座ってのお仕事、運動量が少ない場合、この腹筋群は全く機能しません。筋肉を使わないので、筋力不足となり、支持力がなくなってしまうのです。筋肉が減り運動が少ない、そして普通に食べる人は、、、

そう、お腹が脂肪でぽっこり。そうなると体幹部はしゃんとしません。誰が考えてもわかりますね。

先述で木に例えたように、幹がしっかりしていないと枝が元気に育ちません。人の体も同じように足の正常な動きができなくなります。体が歪んだり、重心がずれたり、歩幅が狭くなり、、、腰が痛い、肩がこる、膝が痛い、など体に悪影響が現れ出すのです。

どうすればいい?

そこでちょっと意識するだけで、体幹がしゃんとする方法をお教えします。

まずおへその下にクッと力を入れる。少し下っ腹を凹ます感じです。

次にお尻の穴(失礼)をキュッと締める感じです。

最後に肩甲骨(けんこうこつ)を脊柱(背骨)にクイッと寄せます。

これだけです。これだけ意識するだけで、姿勢がしゃんとします。体の重心も真っ直ぐに体の中心を通るようになるのです。簡単なことですが、ずっと意識するのは難しいもの。なので気がついたときだけ試してください。

例えば、お仕事でパソコン作業をしている、五分だけ。通勤中に立っている一駅区間だけ。歩行中、次の信号までのように。

これだけの意識だけで見た目も変わるし、何より腰痛が起きにくくなります。

この意識する時間が増えると姿勢改善、腰痛、肩こり、ひざ痛なども少しずつ改善されますよ。

ぜひやってみてください。

大阪市鶴見区の「トータルボディーケア整体院」 PAGETOP