大阪の京橋・鶴見区で整体/整骨院/鍼灸をお探しなら「トータルボディーケア整体院」

お酒は腰痛によくない?

女性も外で飲む機会が増えお酒好きな人が多いですよね。

時間を忘れついつい進むお酒の魔力。

しまった。飲みすぎちゃった。二日酔いになり頭痛と吐き気で翌朝後悔することも少なくはないはずです。

でもそんなに辛い思いしたのに2、3日もすればまた飲みたくなるのです。

患者さんの中にも昨日お酒飲んでから腰の痛みがぶり返した。

お酒飲んだ次の日、腰が痛い。という方がいます。そこで今回はお酒と腰痛の関係についてお話しします。適量を守れば体にいい。酒は百薬の長。

お酒が好きな人には自分で言っちゃってる人がいますよね。

果たして本当なの?そこで調べてみると、

 

少量の飲酒は冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)のリスクを下げる

その少量とは1日あたり男性が25g、女性が15g程度といわれています。これはあくまでも目安で体格によって異なります。

ビール アルコール度数5度 中瓶1本 500ml

日本酒 アルコール度数15度 1合 180ml

ワイン アルコール度数14度 グラス2杯

焼酎 アルコール度数25度 コップ1杯半

ウイスキー アルコール度数43度 ダブルで1杯

となります。

 

 

アルコール血中濃度と酔いの状態

 

お酒が体に及ぼす影響は?

色々なお酒の種類があります。

お酒にはビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー。

 

お酒の中身は?

お酒の中にはアルコール以外に

糖質、プリン体が含まれています。

糖質は消費されなければ脂肪となり肥満や生活習慣病のリスクを高めます。

プリン体は痛風の原因に。

そして甘いお酒はカロリーが高いので要注意です。

 

アルコールが体の中でどんな作用をするかをお話ししますね。

お酒を飲んでアルコールを摂取すると

 

口から入ったアルコールは胃から20%

小腸から80%吸収されそれが血液に入り全身を巡ります。血液中のアルコールはやがて脳に達します。そのアルコールが脳の神経細胞に作用して麻痺させる。それが酔った状態なのです。

体内に入ったアルコールは肝臓で分解されます。アルコールは体に必要でないも、ですからね。その時に中性脂肪が蓄積され、肝脂肪が増えます。

 

腰の痛みには?

アルコールは肝臓で分解されます。肝臓はアルコールを分解するためにかなりのエネルギーを消費します。普段の肝臓の大切な働きを置いといてアルコールを分解するために頑張ってくれるんですね。

肝臓の役割

 

膵臓に負担がかかり、膵炎や糖尿病のリスクが高まります。

肝臓の反応は腰痛として現れることがあります。

酔った状態では感覚が鈍るため、ケガをしても気づかない

胃や腸に負担がかかり下痢や便秘、胃炎、胃潰瘍、腸炎などののリスクが高まります。

それらの症状は腰痛として現れることも少なくありません・

疲労して腰痛を引き起こす。

腹筋や背筋などの筋肉が力を発揮できなくなるので腰部を支えることができず、

腰を痛めてしまう。良い姿勢を保てません。

アルコールが脳内に入り込むと自律神経を乱してしまいます。

脳からの指令伝達が乱れるので体の調節機能がうまく働かなくなります。

 

ということからアルコールは腰痛にはよくないと言えそうです。

 

 

どんな飲み方がいいの?

体質改善をしていきたいのならば以下のことをやってみてください。

 

飲まなくてもいいのなら飲まないほうがいいです。

無理に飲むのは体に良くないですよ。

 

冷蔵庫にビールがあるからとりあえず。

はやめましょう!

 

アルコールを体の外へ排出するためには水分が必要です。

お酒と一緒に同量のお水を飲みましょう。

ビールも同量ですよ!

お腹がタプタプになってビールの量も減ります。

 

食事と一緒に飲むこと。

特に高タンパク低脂肪の食品が相性がいいようです。

 

夜遅くに飲まない。

 

適量を守る。

適量とは

1日あたり男性が25g、女性が15g程度といわれています。これはあくまでも目安で体格によって異なります。

ビール アルコール度数5度 中瓶1本 500ml

日本酒 アルコール度数15度 1合 180ml

ワイン アルコール度数14度 グラス2杯

焼酎 アルコール度数25度 コップ1杯半

ウイスキー アルコール度数43度 ダブルで1杯

 

お酒を飲むのは一日置きにするといいですね。

月に4〜5日の連続した休肝日を設定するとさらにいい!

 

 

運動をする。

特に外で飲む宴会や飲み会の前には

運動をしましょう。

外食は食事は味付けが濃く塩分も多めだし、高脂肪の食べ物が多いです。

お酒を飲んで体を動かさないとあなたの体は代謝が悪くなる一方です。

 

因みにお酒が大好きな院長は、

毎晩飲んでいました。しかも帰宅が遅いので日付けが変わる頃にです。

朝の目覚めが悪いし体調が優れないということから、

 

平日はお酒を飲まない!土・日曜日だけにしました。

お水をしっかりと飲みながらお酒を飲む(普段からお水はたくさん摂ります)

食べ物と一緒に飲む。

日頃からエクササイズをする。

を実践しています。

お陰で

明らかに腰痛が楽になった。

熟睡できる。

朝の目覚めがいい。

 

ご覧になっているあなたもぜひやってみてください。

体がすこぶる元気になることを約束します。 

 

 

京橋で整体・整骨院をお探しなら「トータルボディーケア整体院」 PAGETOP