大阪市鶴見区で整体・鍼灸をお探しなら「トータルボディーケア整体院」

姿勢は日常生活に、深く関係しています

 なんでも便利になった現代社会、それに伴い姿勢が悪い方をいろんな場所でよく目にします。皆さんもそのうちの一人なのでは!!?そのツライ肩こりや腰痛、様々な不調・・その原因に姿勢がよく関係しています。スマートフォンをはじめ、世の中には姿勢を悪くするモノで溢れています。ほかにも荷物を片側にばかりで持っている、足を組んで座っている、無意識に日常生活の中で姿勢を悪くしていませんか?

 

姿勢とは、重力に対してバランスを取っている時の状態のことで、姿勢の維持は健康にとても関与しています。なので、悪い姿勢でいるとさまざまなトラブルが起こります。

悪い姿勢で代表的なのが、頭が前に出て背中が丸まっている状態これが「猫背」です。また、骨盤が後ろに傾いて背中が丸くなっている状態を「円背」などがあげられます。

 体幹筋の歪みに注意

では、なぜ悪い姿勢になってしまうのか。長時間同じ姿勢をとり続けることが原因の中でも多く、デスクワークをはじめとする事務作業で正しい姿勢で座ることができず、自身の中で楽な姿勢になる。また長時間のために筋肉が無駄に緊張してしまうなどがあげられます。なるべく途中で体を動かしたりしてリフレッシュしましょう。ほかには、普段荷物やバッグを片側ばかりで持ってしまっていること。バッグはリュック以外に必ずといっていいほど左右どちらかにかけることになっています。ついついそうなりがちですし、片側ばかりに負担をかけ、肩こりはもちろん、さらに身体も歪んでしまいます。普段かけない側にかけると、多少の不快感があるかもしれませんが、まずは気づいた時に変える意識を持ちましょう。

また、身体にはどんな影響があるのか、姿勢が悪いと内臓の位置がずれてしまいます。これは、内臓を正しい位置でキープしてくれている、体幹筋という身体の軸が歪んでしまうからです。

 良い姿勢ってどんなの?

良い姿勢は、壁に背を向けて立ってみてください。踵、お尻、肩甲骨、頭が壁につくこと。座った時は、深く腰掛けた時にお尻と背中が背もたれにつくこと。良い姿勢でいると、血流が良くなり肩こり腰痛をはじめ、さまざまな不調を防げるほかに、若々しく身体も引き締まって外見にも良い影響があります。

 

身体は多少歪んでいるものですが、自身で意識することで悪い方向にいくことは防げます。

悪い姿勢になってしまう原因の例、良い例をもとに、日常生活の中で無意識に意識を向け、自身の身体を見つめる習慣を心がけてみましょう。

 

次回は、ちょっとした意識で悪い姿勢を良い姿勢にする!コツを教えますね。

大阪市鶴見区の「トータルボディーケア整体院」 PAGETOP